• 本

法人税の理論と実務 平成30年度版

出版社名 中央経済社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-502-80176-1
4-502-80176-3
税込価格 6,696円
頁数・縦 732P 22cm
シリーズ名 法人税の理論と実務

商品内容

要旨

賃上げ・生産性向上のための税制改正、収益認識についての法人税法22条の2の新設などの最新テーマを完全フォロー。制度の背景や考え方を知り実務で起こる問題点を抽出。課税要件法定主義の立場から不確定概念の解明を試みる。重要判例を織り込んで条文解釈の急所を明らかに。

目次

法人税の性格と総則
法人税の種類
各事業年度の所得の金額の通則
企業利益と課税所得
収益の認識基準
原価・費用・損失の認識基準
割戻しの認識基準
収益、費用等の計上基準の特例
受取配当等益金不算入等
その他の益金〔ほか〕

著者紹介

山本 守之 (ヤマモト モリユキ)  
昭和33年税理士試験合格、同38年税理士開業。日本税務会計学会顧問、租税訴訟学会副会長(研究・提言担当)、税務会計研究学会理事、日本租税理論学会理事を務め、全国各地において講演活動を行うとともに、千葉商科大学大学院(政策研究科、博士課程)でプロジェクト・アドバイザー(専門分野の高度な学術研究、高度な実務経験を持つ有識者)として租税政策論の教鞭をとっている。研究のためOECD、EU共同体及び海外諸国の財務省、国税庁等を35年にわたり歴訪(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)