• 本

大槻文彦『言海』 辞書と日本の近代

世界を読み解く一冊の本

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-7664-2554-3
4-7664-2554-5
税込価格 2,200円
頁数・縦 196P 20cm

商品内容

要旨

日本初の近代的国語辞典『言海』。なぜ編まれたのか。そして世界をいかに切り分けたのか。時代と辞書の結節点を明らかにする。

目次

序 なんのための辞書(国会と辞書
辞書と語義―『一九八四年』的世界のなかで ほか)
1 大槻文彦とその時代(大槻文彦とはだれか
幕末に生きたということ ほか)
2 『言海』のめざしたもの(辞書と字引と字典と辞典と
新しい「辞書」 ほか)
3 『言海』からみる世界(表象空間のなかの『言海』
「言海システム」―網羅と排除 ほか)

おすすめコメント

国語学者・大槻文彦が、明治期に編纂した日本初の近代的国語辞典『言海』。大槻は『言海』を通して世界をどのように切り分けようとしたのか。辞書が社会的に果たした役割とともに描き出す。

著者紹介

安田 敏朗 (ヤスダ トシアキ)  
一橋大学大学院言語社会研究科准教授。近代日本言語史専攻。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)