• 本

お江戸は痛快 右京之介国盗り御免 書下ろし長編時代小説

コスミック・時代文庫 た13−1

出版社名 コスミック出版
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-7747-1482-0
4-7747-1482-8
税込価格 734円
頁数・縦 367P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

文化七年、若年寄の水野忠成と植村家長は、老中の座を争っていた。賭賂や誘拐、強盗、暗殺、手段を選ばぬ攻防は、梅の花が散った頃、一族や家来、江戸の町をも巻き込んで激烈を極めた。出世争いのカギを握るのは、謎の素浪人で助太刀を稼業とする奥山右京之介。水野家筆頭家老の弱みを握るや強請り、植村家長の姪には自立を促し道場を援助する。独特の嗅覚、大胆不敵な行動の奥山右京之介が選ぶのは、水野か植村か、それとも…。遠山金四郎や島津重豪も引き込み渦中に飛び込んだ右京之介の言動が、江戸庶民の度肝を抜き、ぶった斬り、さらなるうねりを生み出していく。

著者紹介

高橋 三千綱 (タカハシ ミチツナ)  
1948年、大阪府生まれ。テレビ局員、ホテルマンを経て、スポーツ紙記者在職中の74年に『退屈しのぎ』で群像新人文学賞を受賞。以後、著作に専念。78年『九月の空』で芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)