• 本

世直し将軍家治 書下ろし長編時代小説 〔2〕

旗本誅殺!

コスミック・時代文庫 ほ2−17

出版社名 コスミック出版
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-7747-1478-3
4-7747-1478-X
税込価格 682円
頁数・縦 251P 15cm
シリーズ名 世直し将軍家治

商品内容

要旨

八代将軍・吉宗はのちに十代将軍となる家治に対し、多大な期待を寄せていたという。出来うる限り直に接し、学問、剣術から書画、将棋に至るまで、さまざまな薫陶を孫に授けていった。家治もその熱意に応える。そしてついには、祖父の真骨頂、江戸の町歩きに行き着いた。民と触れ合うことは、政の一番の糧になる、と考えたからだった。ある日、いつものように苅谷幻之丞を供に行きつけの煮売り屋「鉄」に向かった家治。だが、近くで武家が斬られるという事件が発生する。しかもこの一件、とある藩の商品専売が関わっていると推測された。ここは天下の征夷大将軍、ほうってはおけない。どんな大物が相手でも決して怯まぬ!今日も正義の剣が一閃する、好評の痛快時代活劇!!

著者紹介

誉田 龍一 (ホンダ リュウイチ)  
1963年、大阪府生まれ。2006年、第28回小説推理新人賞を受賞。翌年、受賞作を含む短編集『消えずの行灯 本所七不思議捕物帖』(双葉文庫)が刊行される。児童書や電子書籍など現代物も手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)