• 本

首無し女中

双葉文庫 い−33−12 もんなか紋三捕物帳

出版社名 双葉社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-575-66912-1
4-575-66912-1
税込価格 720円
頁数・縦 333P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

奥女中・多喜の無惨な死体が外濠で見つかった。多喜は、その正体を将軍吉宗がくノ一と見抜くも、特別な計らいにより宿下がりとなったはずであった。多喜を殺したのは何者か。大奥の権勢争いは激しく、尾張徳川家は将軍の座を狙う…。城中奉行・大久保丹後守の意を受けた紋三親分が探索する先に、思いも寄らぬ真相が待ち構えていた。大好評の「ちゃんちき奉行ともんなか紋三」書き下ろしシリーズ、第三弾。

おすすめコメント

奥女中・多喜の遺骸が外濠で見つかった。多喜は、その正体が刺客であると見抜いた徳川吉宗の寛容な計らいで、穏便に宿下がりをさせたはずであった。では多喜を殺したのは何者か。大奥に異変あり。城中奉行・大久保丹後守の意を受けた紋三親分の探索が行き着いた真実とは。大好評の書き下ろしシリーズ、第3弾。

著者紹介

井川 香四郎 (イカワ コウシロウ)  
1957年、愛媛県生まれ。中央大学卒業。柴山隆司の筆名で書いた時代小説『露の五郎兵衛』で、小説CLUB新人賞受賞。2016年「もんなか紋三捕物帳」シリーズで第5回歴史時代作家クラブ賞・シリーズ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)