• 本

司馬江漢 「江戸のダ・ヴィンチ」の型破り人生

集英社新書 0951

出版社名 集英社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-08-721051-4
4-08-721051-0
税込価格 1,015円
頁数・縦 317P 18cm

商品内容

要旨

遠近法を先駆的に取り入れた天才画家にして、地動説を人々に紹介した科学者でもあり、かつ文筆家。「江戸のダ・ヴィンチ」とでも呼ぶべき才人・司馬江漢は、その華々しい業績と生前の知名度に反して、現代ではあまり知られることのない人物である。本書は、そんな江漢に関する種々の記録を丹念に読み解き、没後二〇〇年に、その破天荒な人生の全体像を描き出そうと試みた決定的評伝である。彼が遺した膨大な絵画やスケッチなども、選り抜いて掲載している。

目次

司馬江漢略年譜
著作一覧
第1章 絵の道に入るまで
第2章 町絵師江漢の誕生と成長
第3章 旅絵師江漢
第4章 窮理師江漢
第5章 地動説から宇宙論へ
第6章 こうまんうそ八
第7章 退隠・偽年・偽死
第8章 不言・無言・桃言

おすすめコメント

稀代の画家で天文学者にして、かつ文筆家。「江戸のダ・ヴィンチ」とでも呼ぶべき司馬江漢は、日本で初めて天動説を紹介した人物であり、破天荒な変人でもあった。その型破りな足跡を描いた充実の評伝。

著者紹介

池内 了 (イケウチ サトル)  
1944年兵庫県生まれ。京都大学理学部物理学科卒業。同大大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。博士(理学)。名古屋大学名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。『科学の考え方・学び方』で講談社出版文化賞科学出版賞(現・講談社科学出版賞)受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)