• 本

興福寺のすべて 歴史 教え 美術

改訂新版

出版社名 小学館
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-09-682277-7
4-09-682277-9
税込価格 2,200円
頁数・縦 159P 21cm

商品内容

要旨

阿修羅像や運慶仏など国宝23件、数多の至宝を守り伝え、深い信仰のこころが息づく境内。奈良・興福寺、そのすべてを説き明かす。150点以上の写真と図版で見て、読んで、知る。

目次

1 古代の興福寺(興福寺の造営
阿修羅像と八部衆像 ほか)
2 中世の興福寺(南都焼亡と興福寺の復興
南円堂と不空羂索観音像 ほか)
3 これからの興福寺(近世以降の興福寺
中金堂院の発掘調査と伽藍復興)
4 教えと行事(興福寺と春日社
唯識の教えと法相宗 ほか)

おすすめコメント

2004年発売の写真集の改訂版

出版社・メーカーコメント

天平の伽藍中金堂が甦った興福寺、その全貌三面六臂の阿修羅像、運慶作の無著・世親・木造四天王像をはじめ、国宝23件を含む仏教美術の至宝を守り伝えてきた興福寺。伽藍の核である「中金堂」が300年ぶりに再建され、創建当初の天平の時代精神も甦ろうとしている。本書では、各堂塔の歴史とそこに座する仏像を、境内をめぐるように解説。興福寺の「歴史・教え・美術」がすべてこの一冊にある。ロングセラーを14年ぶりに情報を加え刷新。