• 本

最後の「愛してる」 山下弘子、5年間の愛の軌跡

出版社名 幻冬舎
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-344-03367-2
4-344-03367-1
税込価格 1,404円
頁数・縦 220P 19cm

商品内容

要旨

僕らには最初から、ハッピーエンドはなかった。それでも、誰よりも幸せだったんだ。19歳でガンを患い、余命宣告を受けた山下弘子さん(享年25)。病に負けず、全力で“今”を生き抜く姿は日本中の人々に勇気を与えた。彼女をいちばん近くで見守り、支え、ともに闘ってきた夫が初めて明かす、意外な出会いから、永遠の別れのときまで―。

目次

2018年4月末日
第1章 出会い、交際―「余命半年」といわれた彼女に恋して(僕らの“はじめまして”は…
初デートのふたりの距離 ほか)
第2章 闘病、結婚―奇跡がつないだウェディングドレス(肝臓がんの再発
気遣いの人 ほか)
第3章 新婚、体の異変―花嫁が望んだささやかな夢(結婚しても変わらなかったこと
結婚して変わったこと ほか)
第4章 入院、永遠の別れ―色とりどりの花に囲まれて(止まらない喀血
祈りが届いて ほか)
アルバム ひろ、ありがとう。
2018年9月初日

おすすめコメント

僕らには最初から、ハッピーエンドはなかった。 それでも、誰よりも幸せだったんだ。   19歳でガンを患い、余命宣告を受けた山下弘子さん(享年25)。 病に負けず、全力で“今”を生き抜く姿は日本中の人々に勇気を与えた。 彼女をいちばん近くで見守り、支え、ともに闘ってきた夫が 初めて明かす、意外な出会いから、永遠の別れのときまで――。   ひろと出会って、僕は初めて愛を知った。

著者紹介

前田 朋己 (マエダ トモキ)  
1980年4月30日、兵庫県生まれ。立命館大学政策科学部卒業後、FVC、SBIなどの投資ファンド会社でベンチャー投資やM&Aを担当。2010年に兵庫県議会議員に当選(2018年10月現在2期目)。2013年6月に山下弘子さんと出会い交際をスタート。2017年5月に婚姻届を提出。2018年より同県議会産業労働常任委員会委員長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)