• 本

花と子どもの画家ちひろ

出版社名 新日本出版社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-406-06280-0
4-406-06280-7
税込価格 1,980円
頁数・縦 118P 20cm

商品内容

要旨

ちひろって、どんな人?いわさきちひろに出会うための「入門書」決定版!ちひろの一人息子・松本猛さんが語ります。

目次

第1部 やわらかきひと(やわらかきひと
母ちひろとスキー
正月の思い出
蕎麦好きだったちひろ
子どものこころ ほか)
第2部 絵で見るちひろの歩み(ちひろ誕生
父譲りの建築好き
花への愛は母から
絵の好きな子ども
感性を育んだ女学校時代 ほか)

おすすめコメント

“赤ちゃんの肌の弾力やにおいまで伝わってくる”と評されるちひろの絵。美しく、可愛いものが大好きな人でもあり、「雪山讃歌」を雪の尾根で口ずさみ、「ちょっと待ってて」と樹上の息子と木登りを遊ぶ母でもありました。ちひろがさらに身近に感じられる珠玉のエッセイ。ちひろの生涯をエポックごとに特徴づけ、彩り豊に描いた秀逸の「評伝」も収録します。

著者紹介

松本 猛 (マツモト タケシ)  
1951年、いわさきちひろ・松本善明の子として東京で生まれる。美術・絵本評論家、作家、横浜美術大学客員教授、ちひろ美術館常任顧問。77年、いわさきちひろ絵本美術館(現ちひろ美術館・東京)、97年に安曇野ちひろ美術館を設立。同館館長、長野県信濃美術館・東山魁夷館館長、絵本学会会長を歴任
いわさき ちひろ (イワサキ チヒロ)  
1918〜74年。画家。福井県武生(現越前市)に生まれ、東京で育つ。子どもを生涯のテーマとして描き、現存する作品は9500点を超える。1977年、自宅兼アトリエ跡に、ちひろ美術館・東京を開館。97年、安曇野ちひろ美術館開館(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)