• 本

紅霞後宮物語 第0幕3

二人の過誤

富士見L文庫 ゆ−2−2−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-04-072932-9
4-04-072932-3
税込価格 648円
頁数・縦 250P 15cm
シリーズ名 紅霞後宮物語

商品内容

要旨

異動、昇進、出征…小玉の環境は目まぐるしく変化していく。新しい人との出逢い、初恋の人との再会、突然訪れた兄の死―。そんな中、小玉と文林の関係は上官と副官として、息の合う良好なものに変化していった。しかし、小玉にまたも異動の辞令がくだる。行き先は小玉の実家にも近い僻地。…まごう事なき、左遷。それを聞いた文林は怒り狂って酒をあおり、宥める小玉もまた酒をあおった。そして翌朝―記憶のないまま二人は同じ寝台で目を覚まし―?

おすすめコメント

小玉と文林、若き日の一夜の過ち――そして、すれ違う二人の心 異動、昇進、出征と、小玉の環境は目まぐるしく変化していく。さらに兄の死、初恋の人との再会……。そんな中、指揮官と副官として小玉と文林の関係は良好になっていた。しかし、予想外の事故が起こってしまい――?

著者紹介

雪村 花菜 (ユキムラ カナ)  
2014年、第二回富士見ラノベ文芸大賞にて、応募作『生生流転』が瑞々しい人物描写と軽妙な会話劇、緻密な舞台設定を高く評価され、金賞受賞。改題及び改稿した『紅霞後宮物語』で作家デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)