• 本

才能の正体

NEWSPICKS BOOK

出版社名 幻冬舎
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-344-03368-9
4-344-03368-X
税込価格 1,620円
頁数・縦 313P 19cm

商品内容

要旨

才能の“芽”は、必ずあなたの中にある!受験から人材育成まで数多の奇跡を生んだ『ビルギャル』著者による、劇的能力向上&組織変革のメソッド。

目次

第1章 「才能」とは何か?(「才能」という言葉の意味を、分析してみた
大きな勘違いによって、僕は「才能」の本質を知りたくなった ほか)
第2章 「能力」を「才能」へ(「できる人」「頭のいい人」の言葉を聞いてはいけない
行動を完コピせよ!―そのときに「メモ」ではなく「動画」を使う ほか)
第3章 「才能」のマネジメント(「解答のない社会」で才能を伸ばすには
36歳、元警視庁のスナイパーが僕の右腕になるまで ほか)
第4章 「才能」と「成功者」、「才能」と「天才」(目下の人に上座を勧める
「北風と太陽」の“太陽”になれたら、人は心を開いてくれる ほか)

おすすめコメント

「ビリギャル」が偏差値40アップ&難関大学合格できたのは、もともと才能があったから? ――「地アタマ信仰」をただちにヤメよう!   「自分には才能がない」は、努力をしない人の言い訳です。 すべての人に“才能の芽”はあります。その“芽”を、どうすれば見つけ、花開かせることができるか? やるべきは、今ある状況の「認知」、目的へ向かうための「動機づけ」、そして「正しい努力」です。 自分自身も、子どもも変わります! 部下が変わり、組織がみるみるエネルギーに満ちてきます! 「ダメな人」の能力をみるみる開花させ、成功に導いてきた著者が教える。 どんな人でも“自分の才能で輝ける”ようになるための、驚異のメソッド。   ******* ・才能を数値化できるとみんなが思っている「IQ」は、才能とは関係ない。 ・「地アタマ」という考え方をやめないと、能力は伸びない。 ・「やればできる」というのは、嘘。 ・できない理由を他人のせいにした瞬間、あなたは自分の才能の芽を枯らしている。 ・できる人の行動を「完コピ」すると、たちまち伸びる。 ・伸び悩んだときほど、「基礎の基礎」にもどる。 ・「指導しようとする」と、人は伸びない。ただ、見守ればいい。 ・親、教師、上司の言うことを聞いても、あなたの未来はない。 ・「0点のテスト」にこそ、価値がある。 ・「ほかの会社で認められなかった人」が、本当に落ちこぼれなのか? ・頭にあることを、言葉にして、笑顔で言うようにすると、能力発揮できる。 ・信頼関係のあるところで、人は能力を発揮できる。 ・人を育てないなら、主観を廃し、「客観的事実だけ]を、フィードバックする。 ・居心地のいい仲良し組織は、弱い! ・成功者ほど、人間関係・信頼関係に繊細だ。 ・部下が感謝されやすい環境にあると、自分が仕事しやすくなる。 ・自分の才能を開花させたいなら、「一流の人」に会う努力を。 ・ビジネスや学問にはルールがない。だからあなた次第で必ず成功できる!   ――あなたは「才能がある人」になりますか? 「才能のない人」のままでいますか?

著者紹介

坪田 信貴 (ツボタ ノブタカ)  
坪田塾塾長。一方で、起業家としての顔も持つ。人材育成、チームビルディングの能力を多くの企業から求められ、マネージャー研修、新人研修を行うほか、現在は吉本興業の社外取締役も務めるなど、活躍の場は枠にとらわれない。テレビ、ラジオ、講演会でも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)