• 本

「目つぶしの竜」から踊る玉小四年 学力のつく主体的な学習法

出版社名 創英社/三省堂書店
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-86659-043-1
4-86659-043-2
税込価格 550円
頁数・縦 168P 15cm

商品内容

要旨

「教育のページに四捨五入はない」子ども一人ひとりが主役である。文部省(現文部科学省)から「ゆとり教育と充実」の研究指定校として、新しい教育課程に励んだ著者が実践した教育方法とは―玉小学校で上演が続く「目つぶしの竜」の脚本作りから発表まで。

目次

第1章 創作劇「目つぶしの竜」から踊る玉小四年(文部省研究指定校
切り開く創作劇―郷土の民話「目つぶしの竜」の脚本創作と上演 ほか)
第2章 「軍艦マーチ」に踊らされる運動会(軍艦マーチ
卒業アルバム ほか)
第3章 学級文集「しどみの子」(しどみの子と新米教師)
第4章 明日もまた元気にかよう障害児(仲良しになって休まぬポリオの子
教育センターでの「ワークシート」 ほか)
第5章 学力のつく主体的な学習法(頑固さで床屋の旦那と意気投合
音読の長さで決めるチャンピオン ほか)

著者紹介

大島 脩平 (オオシマ シュウヘイ)  
1934年茨城県に生まれる。茨城大学教育学部卒。卒論「作文教育の歴史的考察」シナリオ作家を夢見て独学。「ピアニカの少女」を執筆。茨城県教育委員会指導主事勤務中…『子どもが生き生きするとき』児童劇「目つぶしの竜」創作(八重岳書房)。茨城の子ども風土記『長塚節の伝記』小5国語教材用執筆(日本標準)。茨城県研修センター内地留学・教育研究論文発表「学習の作業化による読みの深め方・ワークシートの作成と活用」。退職後の活動…「つくばね川柳会」編集委員長。『九輪』茨城県西地区保護司会機関誌編集委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)