• 本

儲ける社長の24時間365日 “常勝”のタイムマネジメント術

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-04-602383-4
4-04-602383-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 204P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

時間そのものに差はありません。差があるのは、時間の「使い方」です。同じ時間でも、「どう使うか」によって、結果は大きく変わります。では、どのように時間を使えば、会社の業績を伸ばすことができるのでしょうか。どのようにスケジュールを立てれば、社長も社員も効率的に仕事ができるのでしょうか。そのヒントとなるのが、本書です。本書が、中小企業の生産性を上げる助力となれば、幸いです。

目次

はじめに 社長の時間の使い方が会社の経営を左右する(儲ける社長は、トイレの中でも仕事をする
「歌舞伎町で遊ぶ時間」をつくるために、仕事の効率化を図る ほか)
第1章 儲ける社長の「時間思考」(「やらないこと」を最初に決める
「いろいろできる」は、「何もできない」と同義 ほか)
第2章 儲ける社長の「365日」の計画策定(仕事は「月単位」ではなく「週単位」で考える
「今年やったこと」を「来年の同じ日」にやる ほか)
第3章 儲ける社長の「24時間」の使い方(時間を区切って、仕事の内容と場所を変える
「移動時間」は、ジャマされずに仕事ができる時間 ほか)
第4章 儲ける社長の時間管理術を学べ!―体験小山社長の「かばん持ち」(「社長の仕事」を学ぶには、「現役社長」のかばんを持つのが最善策
「時間」は、大切な経営資源。「役に立たないこと」には、1秒も使わない ほか)

おすすめコメント

儲ける社長になるための時間の使い方、コントロール術が身につく1冊! 儲ける社長は、仕事、プライベートを含め、一日24時間、一年365日をどのように動いているのか。時間の使い方、寝る・食べる・歩くなどの健康法、人との付き合い方、情報収集の方法などの極意を伝授します。

著者紹介

小山 昇 (コヤマ ノボル)  
株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。東京経済大学を卒業し、日本サービスマーチャンダイザー株式会社(現在の株式会社武蔵野)に入社。一時期、独立して自身の会社を経営していたが、1987年に株式会社武蔵野に復帰。1989年より社長に就任して現在に至る。1999年度「電子メッセージング協議会会長賞」、2001年度「経済産業大臣賞」、2004年度、経済産業省が推進する「IT経営百選最優秀賞」をそれぞれ受賞。2000年、2010年には「日本経営品質賞」を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)