• 本

実用ロボット開発のためのROSプログラミング

出版社名 森北出版
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-627-67581-0
4-627-67581-X
税込価格 4,620円
頁数・縦 287P 23cm

商品内容

要旨

産業用ロボット、自律走行ロボット、サービスロボット。実用ロボット開発に役立つノウハウ・テクニックが満載。

目次

ROSとは何か?
ROSの準備
ROSの仕組み
可視化とデバッグ
センサとアクチュエータ
3Dモデリングと制御シミュレーション
コンピュータビジョン
ポイントクラウド
ナビゲーション
ロボットの行動監視と制御〔ほか〕

著者紹介

西田 健 (ニシダ タケシ)  
九州工業大学大学院工学研究院機械知能工学研究系准教授。博士(工学)。次世代産業用ロボット、人工知能、自動運転などの研究に従事。専門は確率システム制御理論。マテリアル・センシング・メカトロニクス・AI・制御理論
森田 賢 (モリタ マサル)  
株式会社安川電機開発員。九州工業大学大学院工学府機械知能工学専攻博士後期課程在学中(兼務)。会社でシステムコントローラの開発を行う傍ら、大学院では西田准教授のもとで次世代産業用ロボット、人工知能、自動運転などの研究に従事
岡田 浩之 (オカダ ヒロユキ)  
玉川大学工学部情報通信工学科教授。博士(工学)。家庭用サービスロボットの開発に従事。RoboCup世界大会@Home Leagueで2008年(中国)、2010年(シンガポール)と2度の優勝
原 祥堯 (ハラ ヨシタカ)  
千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)主任研究員。博士(工学)。自己位置推定、地図生成、SLAMなどの自律走行や、物体認識に関する研究に従事。つくばチャレンジにおいて、日立製作所、筑波大学、千葉工業大学の歴代チームで複数回の完走を達成
山崎 公俊 (ヤマサキ キミトシ)  
信州大学学術研究院工学系准教授。博士(工学)。知能ロボットのためのセンサ情報処理、動作計画、作業計画の研究に従事
田向 権 (タムコウ ハカル)  
九州工業大学大学院生命体工学研究科人間知能システム工学専攻准教授。博士(工学)。脳型計算機システム、ソフトコンピューティング、およびこれらの知能ロボット・自動車への応用に関する研究に従事
垣内 洋平 (カキウチ ヨウヘイ)  
東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻創造情報学専攻特任准教授。博士(情報理工学)
大川 一也 (オオカワ カズヤ)  
千葉大学大学院工学研究院基幹工学専攻准教授。博士(工学)
齋藤 功 (サイトウ ISAAC I.Y.)  
日本におけるROSコントリビュータの第一人者であり、世界的に利用されているフォーラムのもっともアクティブな回答者の一人
田中 良道 (タナカ リョウドウ)  
九州工業大学大学院工学府機械知能工学専攻博士前期課程在学中
有田 裕太 (アリタ ユウタ)  
九州工業大学大学院工学府機械知能工学専攻博士前期課程修了
石田 裕太郎 (イシダ ユウタロウ)  
九州工業大学大学院生体工学研究科生命体工学専攻博士後期課程在学中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)