• 本

秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本

光文社新書 969

出版社名 光文社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-334-04375-9
4-334-04375-5
税込価格 1,620円
頁数・縦 454P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

ふつうモノクロでしか見ることのできない昭和30年代の日本を、カラー写真で記録していた人物がいた。アメリカ出身、日本と日本の鉄道をこよなく愛する元祖「カラー撮り鉄」、J・ウォーリー・ヒギンズ。駐留米軍軍属として来日後、国鉄の顧問に。日本全国をくまなく訪問し、趣味の鉄道写真を中心に、当時としては超贅沢なカラーフィルムで日本の風景を多数撮影してきた。半世紀以上の歳月を経て、今なお色褪せない最上質のコダクロームの6000枚の中から、選りすぐりの382枚を、当時の思い出話とともに公開する。鉄道写真に写り込んだ、生活感あふれる風景ポートレートの数々には、東京五輪を前に激変する東京の様子や、今では失われてしまった懐かしい地方の町の風景、人々の様子が記録されている。

目次

東京編(山手線沿線
中央線沿線
地下鉄沿線
私鉄沿線
東京東部・島部)
各地方編(北海道
東北地方
北陸地方
関東地方
中部・東海地方 ほか)

おすすめコメント

アメリカ出身、日本をこよなく愛する「撮り鉄」が、当時としては超贅沢なカラーフィルムで撮りだめていた、「昭和30年代の日本」の風景。駐留米軍軍属として来日し、その後国鉄の顧問に。日本全国をくまなく訪問し、若いころからの趣味である鉄道写真を多数撮影してきた。半世紀以上の歳月を経た最上質のコダクロームのスライド写真6000枚の中から、選りすぐりの写真を、当時の思い出話とともに公開。鉄道写真に写り込んだ、生活感のあふれる風景ポートレートの数々には、東京五輪を前に変化する東京の様子や、今では面影を残さないほどに激変した地方の町の様子が写り込んでいる。

著者紹介

ヒギンズ,J.ウォーリー (ヒギンズ,J.ウォーリー)   Higgins,J.Wally
1927年米国ニュージャージー州生まれ。コルゲート大学卒業、ミシガン大学で修士課程修了後、’56年に初来日。’58年に本格的に来日以降、日本に在住する。国鉄の顧問を務め、現在はJR東日本国際事業本部顧問。日本全国をくまなく巡り、当時貴重だったカラーフィルムで鉄道写真を撮り続ける。2007年度日本写真協会賞特別賞受賞。著書多数。海外の鉄道写真も撮影し、日・米・英などで出版している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)