• 本

蘇る天平の夢興福寺中金堂再建まで。25年の歩み

出版社名 集英社インターナショナル
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-7976-7362-3
4-7976-7362-1
税込価格 1,728円
頁数・縦 220P 19cm

商品内容

要旨

平成元年(一九八九)、貫首となった多川俊映は“天平回帰”を胸に夢の実現に邁進する。やがて四半世紀の時が駆け抜け、二〇一八年十月丹色に染められた中金堂が落慶した。本書はその思いが結実するまでの再建事業のあらましである。

目次

第1章 境内整備と中金堂再建を志すまで
第2章 ついに動き出した「天平の文化空間の再構成」
第3章 発掘調査と中金堂再建のプロセス
第4章 新たなる礼拝対象「平成の法相柱」再興
第5章 木材と瓦、職人たちの力を結集

おすすめコメント

2018年10月、興福寺では、平成最大といわれる中金堂落慶行事が行われる。落慶までには10年の月日を要している。材木選びから検証、屋根瓦の復刻など。落慶までの25年の歩みを1冊に。

出版社・メーカーコメント

<b>興福寺中金堂再建までの25年の歩み</b>幼い頃、荒れ果ててしまった興福寺を見て哀しかったと語る著者・多川俊映(現興福寺貫首)は、「自分の代で天平の頃の美しい伽藍を復元する!」と心に誓い、境内の整備に邁進してきた。四半世紀の時を経て、2018年10月についに落慶となる中金堂の再建は、その中核をなす大事業。本書は、その再建に費やした25年間を丁寧に追った一冊。まずとりかかったのは柱にする良質な太い木材を探すこと。現代の日本ではもはや見つけることができず、なんと!アフリカはカメルーンから輸入することを決断する。その壮大な発想力と実行力からは、この大事業にかける貫首の情熱と執念が伝わってくる。【目次】はじめに第1章境内整備と中金堂再建を志すまで第2章ついに動き出した「天平の文化空間の再構築」第3章発掘調査と中金堂再建のプロセス第4章新たなる礼拝対象「平成の法相柱」再興第5章「材木」と「瓦」、職人の力を結集第6章至宝の仏像たち【著者プロフィール】<b>多川俊映(たがわしゅんえい)</b>法相宗大本山興福寺貫首。1947年奈良県生まれ。立命館大学文学部を卒業後、89年より現職。18世紀初頭に消失した興福寺中金堂の再建に精力的に取り組む。興福寺創建1300年を記念して開催した「国宝阿修羅展」で全国に阿修羅像ブームを巻き起こしたことでも知られる。『心に響く99の言葉』『仏像みる・みられる』など著書多数。

著者紹介

多川 俊映 (タガワ シュンエイ)  
1947年3月6日、奈良県生まれ。69年立命館大学哲学科(心理学専攻)を卒業し、89年より興福寺貫首を務める。中金堂の再建など興福寺の天平の文化空間の再構成を目指した伽藍復興に精力的に取り組み、唯識仏教や仏教文化論にかかわる執筆や講演活動を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)