• 本

イノベーターになる 人と組織を「革新者」にする方法

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-532-32084-3
4-532-32084-4
税込価格 1,760円
頁数・縦 227P 20cm

商品内容

要旨

大企業でも興せる!本業さえ消失しかねない「イノベーション競争時代」に求められる、革新を生み出す人と組織のつくり方。Japan Innovation Networkによる提言。

目次

第1章 「イノベーションの世紀」に投げ込まれた日本企業(誤解だらけのイノベーション
本業でこそ革新が求められる ほか)
第2章 「2階建てイノベーション経営」の実践(活動にフォーカスする
欠落している構想プロセス ほか)
第3章 イノベーターになるための3つの力(デザイン思考力
ビジネスモデル構築力 ほか)
第4章 加速する仕組みをつくる(アイデア集めの仕組みをつくる
ビジネスモデル化を加速する ほか)
第5章 試行錯誤を日常化する―企業文化の再構築(アンテナの感度を高める
規制を緩和する)

おすすめコメント

大企業でもイノベーションを興せる! 本業さえ消失しかねない時代に求められる、革新を生み出せる人と組織のつくり方。

著者紹介

西口 尚宏 (ニシグチ ナオヒロ)  
一般社団法人Japan Innovation Network(JIN)専務理事。国連開発計画(UNDP)イノベーション担当上級顧問。上智大学経済学部卒業。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを取得。日本長期信用銀行、世界銀行グループ、マーサー、産業革新機構などを経て現職。世界各国の大企業やスタートアップ、イノベーション推進機関と連携し、イノベーション経営の導入や実践に注力。持続可能な開発目標(SDGs)をイノベーションの機会としてとらえるSDGs Holistic Innovation Platform(SHIP)をUNDPと共同運営する他、一般社団法人日本防災プラットフォーム代表理事、パーソルホールディングス株式会社社外取締役も務める
紺野 登 (コンノ ノボル)  
一般社団法人Japan Innovation Network(JIN)代表理事。多摩大学大学院教授。早稲田大学理工学部卒業。博報堂を経て現職。博士(学術)。デザイン経営や知識創造経営、場の経営、イノベーション経営、目的工学などの啓蒙や実践に注力。知識イノベーション研究所(KIRO)代表、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)特別招聘教授、一般社団法人Future Center Alliance Japan(FCAJ)代表理事も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)