• 本

まあまあの日々

角川文庫 む5−29

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-04-106807-6
4-04-106807-X
税込価格 562円
頁数・縦 301P 15cm

商品内容

要旨

アイドルの流行歌にあわせて踊ってみたら、息があがって収まらず、エスカレーターに乗ろうとすればタイミングが合わない。鮨店では写真ばかり撮っている夫婦に呆れ、伝票に印鑑を押そうと手にしていたのは“靴べら”だった…。物忘れや小さな文字の見間違い、体調不良など、ひたひたと近づいてくる加齢に落ち込むこともあるけれど、時には毒づき、かわしながら「まあまあ」で過ごせたら良しとしよう。爽快な日常エッセイ集!

目次

おっちょこちょい
眉カット
白髪
ペットのダイエット
骨なし
暑いのか寒いのか
洗濯機
何もいえない
仕分け人求む
つけまつげ〔ほか〕

おすすめコメント

加齢はすぐそこ、だけど「まあまあ」で暮らしたい。爽快な群流エッセイ集! もの忘れ、思い違い、体調不良……加齢はそこまでやってきているし、ちょっとした不満もあるけれど、なんとか「まあまあ」で暮らしていければいいじゃない。少し毒舌で、やっぱり爽快!な群流エッセイ集。

著者紹介

群 ようこ (ムレ ヨウコ)  
1954年、東京都生まれ。日本大学芸術学部卒。数回の転職を経て、78年、本の雑誌社に入社。デビュー作『午前零時の玄米パン』が評判となって、作家専業に。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)