• 本

グアムの探偵

角川文庫 ま26−602

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-04-107644-6
4-04-107644-7
税込価格 691円
頁数・縦 325P 15cm
シリーズ名 グアムの探偵

商品内容

要旨

アメリカの準州グアムでは探偵の権限は日本よりも遙かに大きい。政府公認の私立調査官で刑事事件に関与でき拳銃も携帯が可能。そんなグアムの日系人3世代探偵、ゲンゾー、デニス、レイの下には、リゾート地であると同時に基地の島という特殊な環境が生む不可解な事件が次々と舞い込む。日本人観光客の誘拐・監禁、重要人物の立て籠もり…。スリリングかつ知的な謎解きに満ちた全5話収録の傑作ミステリ短編集誕生!

おすすめコメント

グアムで起こる不可解な事件に日系人3世代探偵が挑む。新シリーズ始動! グアムでは探偵の権限は日本と大きく異なる。政府公認の私立調査官であり拳銃も携帯可能。基地の島でもあるグアムで、日本人観光客、移住者、そして米国軍人からの謎めいた依頼に日系人3世代探偵が挑む。

著者紹介

松岡 圭祐 (マツオカ ケイスケ)  
1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作『千里眼』シリーズは累計628万部を超える人気作となった。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化され、さらにブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)