• 本

丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。 3

角川文庫 た81−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-04-107407-7
4-04-107407-X
税込価格 648円
頁数・縦 269P 15cm
シリーズ名 丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。

商品内容

要旨

新垣澪。東京・丸の内の一流会社「吉原不動産」に入社して2年目の春。人より強めの霊感と根性で、イケメンドSの上司、次郎と事故物件(幽霊憑き)の再生に奮闘する澪に、新たな嵐が。それは勝気な美人、玲奈の登場。なんとFBIでの勤務経験を持つ異能力者で、次郎の遠縁。しかも澪に、「どちらが次郎の役に立つか勝負で決める」と言ってきて…。勝負の舞台はセレブな高校。潜入調査で心霊写真の謎を解け!オカルトお仕事物語、決定版!!

おすすめコメント

怖い話好き集まれ!怖いのに元気になれる、オカルトお仕事物語! 新垣澪は、元気が取り柄の新入社員。霊が見えるのに気にしない鈍感力を買われ、「事故物件再生専門部署」で働くことに!イケメンドSの上司、次郎と頑張る毎日に、アメリカからライバルがやってきて……!?

著者紹介

竹村 優希 (タケムラ ユキ)  
山口県出身。小説投稿サイトから人気に火が付き、現在もエブリスタにて作品を連載中。2011年『シミ。〜純愛、浮気、未練、傷跡〜』(宝島社)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)