• 本

本屋風情

角川ソフィア文庫 L127−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-04-400422-4
4-04-400422-6
税込価格 1,188円
頁数・縦 294P 15cm

商品内容

要旨

繊細で几帳面な南方熊楠、気が短く「じれる」柳田国男、舌鋒の峻烈な内田魯庵、無愛想な浜田青陵…。自らを「裏木戸の出入り人」と呼んだ本屋(出版業)しか知りえなかった、貴重な近代日本の出版事情がわかる回想記録。大正から昭和のはじめにかけた民俗学・文化人類学・人文地理学・言語学の黎明期、いまも読み継がれている不朽の名作を誕生させた伝説の編集者が垣間見た、学者・文人たちの知られざるもうひとつの顔。

目次

南方熊楠と柳田国男
南方翁の書簡と私
南方翁との初対面
南方翁に跟いて高山寺台へ―御進講の前後
はからずも南方邸での二十四時間―御進講の前後2
「惚れ薬」の描いた波紋など―御進講の前後3
南方熊楠翁の自叙伝
『南方熊楠全集』に辿りつくまで
柳田邸、朴の木は残った
柳田、新村両先生仲直りのこと〔ほか〕

おすすめコメント

出版人が垣間見た、学者・文人の知られざる裏の顔。 南方熊楠・柳田国男・折口信夫・金田一京介・新村出……出版人が垣間見た、学者・文人の知られざる裏の顔。

著者紹介

岡 茂雄 (オカ シゲオ)  
1894年、長野県松本市生まれ。編集者、書店主。大正から昭和初頭、民族・民俗学や考古学専門の書店「岡書院」、山岳書専門の「梓書房」を経営。学術史上の名著となる多くの書籍・雑誌を世に送り出した。本書『本屋風情』にて第1回日本ノンフィクション賞を受賞。1989年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)