• 本

「みなし贈与」のすべて

出版社名 ロギカ書房
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-909090-15-7
4-909090-15-0
税込価格 3,080円
頁数・縦 257P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

初級者から上級者まで幅広い読者のニーズに応え、この1冊に論点を完全網羅!!不確定概念を多数の裁決・裁判例・判例から読み解く!!

目次

第1章 みなし贈与の基本的な考え方(相続税法第7条の意義と考え方
相続税法第9条の意義と考え方 ほか)
第2章 みなし贈与が適用されるケース―株主間贈与以外(保険料を親が負担した保険契約の受取人が子供の場合
生命保険金等 ほか)
第3章 株主間贈与(総説
金銭出資 ほか)
第4章 その他のみなし贈与が生じる可能性がある諸論点(民法組合、LLP、投資事業有限責任組合(LPS)等
中小企業のMEBOの手法におけるみなし贈与発動可能性 ほか)
第5章 みなし贈与に係る裁決・裁判例・判例(相続税法第7条関係裁決・裁判例・判例
相続税法第8条関係裁決・裁判例・判決 ほか)

著者紹介

伊藤 俊一 (イトウ シュンイチ)  
1978年(昭和53年)愛知県生まれ。愛知県立旭丘高校卒業後、慶應義塾大学文学部入学。その後、身内の相続問題に直面し、一念奮起し税理士を志す。税理士試験5科目試験合格。一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務専攻修士課程修了、現在、同博士課程(専攻:租税法、研究分野:エンプティ・ボーディング)在学中。慶應義塾大学「租税に関する訴訟の補佐人制度大学院特設講座」修了。都内コンサルティング会社にて某メガバンク本店案件に係る、事業再生、事業承継、資本政策、相続税等のあらゆる税分野を担当。同業士業からの御相談件数は10,000件(平成30年10月1日現在、公認会計士・弁護士・司法書士等からの御相談業務)を超えており、豊富な経験と実績を有する。所属学会:税務会計研究学会所属、信託法学会所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)