• 本

米中貿易戦争で日本は果実を得る 2019〜世界と日本経済の真実

出版社名 悟空出版
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-908117-51-0
4-908117-51-9
税込価格 1,296円
頁数・縦 223P 19cm

商品内容

要旨

成功しているアベノミクスに、いま出口論など必要ない。なぜか?ズバリ答えよう。

目次

第1章 米中貿易戦争の背景を読む
第2章 「アメリカ勝利」が見えている米中貿易戦争
第3章 米朝首脳会談の行方
第4章 韓国の憂鬱
第5章 EUとロシアの今後を読む
第6章 収穫期に向かうアベノミクス
第7章 意味なき「出口論議」
第8章 日本経済の光と影
第9章 財務省不要論

著者紹介

〓橋 洋一 (タカハシ ヨウイチ)  
1955年東京都生まれ。数量政策学者、(株)政策工房会長、嘉悦大学教授(政策研究)。東京大学理学部数学科、経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年大蔵省入省。理財局資金企画室長、内閣府参事官などを歴任した。2008年退官。2008年『さらば財務省』(講談社)で第17回山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)