• 本

聞き書野中広務回顧録

岩波現代文庫 社会 310

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-00-603310-1
4-00-603310-9
税込価格 1,826円
頁数・縦 502,4P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

平成の日本政治をリードした野中広務氏が残したメッセージ。戦後長らく続いた五五年体制が崩れてゆく時、自民党の中で、「政界の狙撃手」とも呼ばれた野中氏は、何を見、何を感じ、どのように決断し、戦ったのか。今の自民党、政治状況を改めて考えるためのヒントに満ちた回顧録。

目次

国政に出るまで
創政会の旗揚げと竹下内閣の誕生
竹下・宇野・海部内閣時代
「政界の狙撃手」
「野党・自民党」の闘い
「自社さ」村山内閣の誕生
「戦後五十年」と危機管理―自治大臣・国家公安委員長として
橋本内閣を支えて
普天間問題と橋本行革
悪魔にひれ伏してでも―小渕内閣官房長官時代
小渕首相、倒れる
神の国発言・加藤の乱・えひめ丸事故
小泉内閣時代と政界引退

著者紹介

御厨 貴 (ミクリヤ タカシ)  
1951年生まれ。東京大学名誉教授、放送大学客員教授
牧原 出 (マキハラ イズル)  
1967年生まれ。東京大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)