• 本

認知症フレンドリー社会

岩波新書 新赤版 1749

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-00-431749-4
4-00-431749-5
税込価格 842円
頁数・縦 184,4P 18cm

商品内容

要旨

超高齢社会では認知症の人が多くなるという。それならば、医療的な対応だけでなく、社会そのものを変えてみるのはどうだろうか。バス、スーパー、図書館など英国での画期的な実践、そして新しい就労の形や、ともに生活する場を創りあげている日本全国の先進的な地域を紹介。認知症の人が暮らしやすい仕組みを提言する。

目次

1 認知症五〇〇万人時代のもつ意味
2 認知症対処社会と認知症フレンドリー社会
3 認知症をとりまく本当の課題
4 英国の挑戦
5 日本の挑戦
6 これからの社会を考えるヒント

おすすめコメント

認知症の人が多くなる超高齢社会では、社会自体を変えたい。英国や日本の先進事例を紹介し、企業や自治体も巻き込んだ仕組みを提言。

著者紹介

徳田 雄人 (トクダ タケヒト)  
1978年東京生まれ。2001年東京大学文学部を卒業後、NHKのディレクターとして、医療や介護に関する番組を制作。09年にNHKを退職し、認知症にかかわる活動を開始。10年よりNPO法人認知症フレンドシップクラブ理事。NPOの活動とともに認知症や高齢社会をテーマに、自治体や企業との協働事業やコンサルティング、国内外の認知症フレンドリーコミュニティに関する調査、認知症の人や家族のためのオンラインショップの運営などをしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)