• 本

宮城の怖い話 杜の都に魔が巣食う

出版社名 TOブックス
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-86472-741-9
4-86472-741-4
税込価格 1,296円
頁数・縦 195P 19cm

商品内容

要旨

ずんだ餅が招く、死人の少女!宮城各地に憑りつく異形ども。

目次

桜のトンネル―一目千本桜(柴田郡柴田町・大河原町)
リピート―八木山橋その一(仙台市青葉区・太白区)
恋の行く末―八木山橋その二(仙台市青葉区・太白区)
フィールドアスレチック―宮城県県民の森(宮城郡他)
ループ―萬蔵稲荷神社(白石市)
温麺ばっぱ―(白石市)
空白―葛岡墓園(仙台市青葉区)
声その一―台原森林公園(仙台市青葉区)
ご利益―三居沢不動尊(仙台市青葉区)
嫉妬―縛り地蔵(仙台市青葉区)〔ほか〕

おすすめコメント

太白山トンネル、八木山橋、与兵衛沼……、宮城各地に現れる人ならざる者たち!

著者紹介

寺井 広樹 (テライ ヒロキ)  
1980年生まれ。怪談蒐集家。銚子電鉄とコラボして「お化け屋敷電車」をプロデュース
とよしま 亜紀 (トヨシマ アキ)  
雑誌・書籍編集兼ライター。漫画原作等も手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)