• 本

証言UWF完全崩壊の真実

出版社名 宝島社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-8002-8812-7
4-8002-8812-6
税込価格 1,620円
頁数・縦 323P 19cm

商品内容

要旨

夢と理想を追い求めた男たちの苦悩―シリーズ最終作!〓田延彦独占告白、UWFの全内幕!UWFからPRIDE、そしてRIZINへ。歴史が証明した「U」の存在意義。

目次

第1章 Uインター“最強”を追い求めた終着点(〓田延彦―Uインターの後期は、すべてを手放し、一人になりたかった
金原弘光―〓田道場に誘われなかったのは、正直ショックだった
山本喧一―Uインターで“神様”だった〓田さんは孤独だった
鈴木健―田村の「真剣勝負してください」発言で〓田さんは人間不信に
佐野巧真 松井大二郎―〓田さんの引退試合は、桜庭とやればよかったと思ってる)
第2章 リングス“いびつ”な世界の終焉(坂田亘―“シュート”と“ワーク”を超えた恐るべき戦場だったリングス
北沢幹之―前田が人前で、何度も選手を殴るのだけはあんまりかなと…)
第3章 パンクラス“21世紀のプロレス”の消滅(船木誠勝―掌底ルールを捨てたことで、完全にUは終わりました
ミノワマン―ヒクソン戦を狙い続けた男の“プロレス愛”
高橋義生―UFCで負けたらナイアガラの滝に飛び込むつもりだった
山田学―パンクラスを罵倒する前田日明が許せなかった)
第4章 UWF“ムーブメント”に翻弄された男たち(エンセン井上―約束を守らないから、いまでも前田さんを許してない
塩崎啓二―リングスとPRIDE「至近距離」の真実
大仁田厚―UWFがなければFMWはなかった)