• 本

軍艦と砲塔 砲煙の陰に秘められた高度な機能と流麗なスタイル

光人社NF文庫 に1093

出版社名 潮書房光人新社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-7698-3093-1
4-7698-3093-9
税込価格 902円
頁数・縦 301P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

戦艦「大和」のローラー・パスの直径は一二・三メートル、バーベット直径は一四・七メートル、砲室前盾の厚さは六五〇ミリ、側面が二五〇ミリ、後盾が一九〇ミリ、天蓋は二七〇ミリの厚みがあり、その重量だけで七九〇トンあったとされる。この結果、旋回部重量が約二五〇〇トンと駆逐艦一隻分ほどの重量となった。

目次

序章 砲塔の構造
第1章 原初の砲塔
第2章 囲砲塔
第3章 イギリス海軍の砲塔
第4章 ドイツ海軍の砲塔
第5章 アメリカ海軍の砲塔
第6章 その他各国海軍の砲塔
第7章 第一次世界大戦
第8章 軍縮条約後の砲塔

著者紹介

新見 志郎 (ニイミ シロウ)  
1953年東京生まれ、成蹊大学中退。若年の頃から船舶に興味を持ち、特に19世紀後半の黎明期蒸気船を中心に調査、研究を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)