• 本

私が大好きな小説家を殺すまで

メディアワークス文庫 し7−4

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-04-912111-7
4-04-912111-5
税込価格 671円
頁数・縦 269P 15cm

商品内容

要旨

突如失踪した人気小説家・遙川悠真。その背景には、彼が今まで誰にも明かさなかった一人の少女の存在があった。遙川悠真の小説を愛する少女・幕居梓は、偶然彼に命を救われたことから奇妙な共生関係を結ぶことになる。しかし、遙川が小説を書けなくなったことで二人の関係は一変する。梓は遙川を救うため彼のゴーストライターになることを決意するが…。才能を失った天才小説家と彼を救いたかった少女―なぜ彼女は最愛の人を殺さなければならなかったのか?

おすすめコメント

なぜ少女は最愛の先生を殺さなければならなかったのか? 失踪した人気小説家、部屋に残った一台のPC。敬愛する天才作家が筆を折った日、彼女は決断した――最愛の人を救うためゴーストライターになると。悲しくも美しい共犯関係を結ぶ二人が迎えた衝撃の結末とは――?

著者紹介

斜線堂 有紀 (シャセンドウ ユウキ)  
第23回電撃小説大賞にて“メディアワークス文庫賞”を受賞。受賞作『キネマ探偵カレイドミステリー』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)