• 本

佐野洋子の動物ものがたり

出版社名 小学館
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-09-386513-5
4-09-386513-2
税込価格 1,620円
頁数・縦 150P 20cm

商品内容

要旨

これは、メルヘン?ファンタジー?寓話?うさぎ・ゴリラ・ブタ・きつね・白熊・かば・蛙、そして人間も。ヘンないきものたちが七転八倒する六つの“ものがたり”。広瀬弦の斬新な挿絵もたっぷり。

おすすめコメント

佐野洋子の魅力が炸裂する大人の寓話傑作6篇を本邦初公開!佐野氏の挿絵に合わせて、佐野氏の息子の広瀬弦氏による三十数点の描き下ろしも収載

出版社・メーカーコメント

ヘンな動物たちが七転八倒する傑作物語六話1989年に「図書新聞」紙上で『動物図鑑』と題して連載されたもの。著者の死後に発見された未発表の作品も併せて初めての単行本が完成した。挿絵は連載時と同じ広瀬弦による描き下ろし全13点(モノクロ)を収録の中短篇で構成全作品の主人公は全て動物だが、あまりにもあまりにも人間的な動物ばかり。こんな作品は西欧ではイソップに代表されるように「寓話」とよばれる。もちろんそこには人間にとっての「教訓」もたっぷり含まれる。こんなお話――ほんの一部ご紹介。1「前の女?前の女もあなたの耳かじったの」/「女のうさぎってそうするもんだろ。前の女のうさぎは、片方の耳全部食べたよ」/「前の女も、あなたのことゴリラとか、かえるとか言ったの?」/「前の女?前の女は、ぼくのこと天使って言ってたよ。心配しなくてもいいんだよ。ぼくの耳、女のうさぎにあきるとまたすぐ生えてくるんだよ」6「ええい、こんなもの」/狐のコン子はしっぽを床にたたきつけると根元からしっぽを引き抜いて窓にたたきつけた。/「この耳もいけないのよ。いつも何か面白いことないかってひくつかせていたんだもの」/コン子は両手でいっぺんに両耳を引き抜いた。/……あんた、もっともっと反省しなよ!メルヘンとファンタジーがブラックユーモアでつつまれた傑作動物物語、ついに登場!

著者紹介

佐野 洋子 (サノ ヨウコ)  
1938年、北京生まれ。絵本作家。エッセー集に『神も仏もありませぬ』(小林秀雄賞)など多数。2010年、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)