• 本

見えない力 美内すずえ対談集

出版社名 世界文化社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-418-16504-9
4-418-16504-5
税込価格 1,650円
頁数・縦 295P 19cm

商品内容

要旨

『ガラスの仮面』の美内すずえと「紅天女」「神秘体験」「宇宙」…。見えない世界に何がある!?能の祈りから9次元世界まで天才達と語り尽くす!

目次

第1章 「思い」という見えない力(梅若実
美内すずえ)
対談を終えて 『紅天女』不思議考
第2章 極めた先にあるもの(甲野善紀
美内すずえ)
対談を終えて 『超人間』不思議考
第3章 宇宙は「見えない力」で満ちている(大栗博司
美内すずえ)
対談を終えて 『数式宇宙』不思議考
あとがき 『生命』不思議考

おすすめコメント

『ガラスの仮面』で知られる著者初の対談集。各界の第一人者と「見えない力」テーマに語りつくす。

著者紹介

美内 すずえ (ミウチ スズエ)  
漫画家。1951年大阪府出身。16歳のとき『山の月と子だぬきと』で『別冊マーガレット』(集英社)で金賞を受賞し、高校生漫画家としてデビュー。『13月の悲劇』『はるかなる風と光』『妖鬼妃伝』など、意欲作を次々と発表し、人気漫画家となる。1976年より『ガラスの仮面』(白泉社)の連載をスタートし、開始直後からベストセラーとなる。『妖鬼妃伝』にて1982年度講談社漫画賞、『ガラスの仮面』にて、1995年度日本漫画家協会賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)