• 本

ウイルスは悪者か お侍先生のウイルス学講義

出版社名 亜紀書房
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-7505-1559-5
4-7505-1559-0
税込価格 2,035円
頁数・縦 358P 19cm

商品内容

要旨

エボラ出血熱、デング熱、新型インフルエンザなどをもたらし、時に人類にとって大きな脅威となるウイルス。しかしそれは、この「生物ならざるもの」が持つ一面に過ぎない。ラボと世界各地のフィールドを行き来し、研究を続ける“お侍先生”がウイルスの本質に迫る。

目次

プロローグ エボラウイルスを探す旅
第1部 ウイルスとは何者なのか(ウイルスという「曖昧な存在」
進化する無生物
ウイルスは生物の敵か味方か)
第2部 人類はいかにしてエボラウイルスの脅威と向き合うか(史上最悪のアウトブレイクのさなかに
研究の突破口
最強ウイルスと向き合うために
長く険しい創薬への道程
エボラウイルスの生態に迫る)
第3部 厄介なる流行りもの、インフルエンザウイルス(1997年、香港での衝撃
インフルエンザウイルスの正体に迫る
インフルエンザウイルスは、なぜなくならないのか
パンデミックだけではない、インフルエンザの脅威)
エピローグ ウイルスに馳せる思い―ウイルスはなぜ存在するのか

著者紹介

高田 礼人 (タカダ アヤト)  
1968年東京都生まれ。北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター教授。93年北海道大学獣医学部卒業、96年同大獣医学研究科修了、博士(獣医学)。97年同大獣医学研究科助手、2000年東京大学医科学研究所助手を経て、05年より現職。07年よりザンビア大学獣医学部客員教授、09年より米NIHロッキーマウンテン研究所の客員研究員。専門は獣医学、ウイルス学。エボラウイルスやインフルエンザウイルスなど、人獣共通感染症を引き起こすウイルスの伝播・感染メカニズム解明や診断・治療薬開発のための研究を行っている。ザンビア、コンゴ、モンゴル、インドネシアなど研究のフィールドは世界各地に及ぶ
萱原 正嗣 (カヤハラ マサツグ)  
1976年大阪府生まれ神奈川県育ち。大学卒業後、会社員を経て2008年よりフリーライターに。理系ライター集団「チーム・パスカル」所属。人物ルポから人文・歴史、社会科学、自然科学まで幅広いテーマを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)