• 本

ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門

出版社名 NHK出版
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-14-081755-1
4-14-081755-0
税込価格 1,728円
頁数・縦 284P 21cm

商品内容

要旨

4人が“出禁覚悟”で挑んだNHK‐FM奇跡の10時間。これ1冊でつかむ世界を制した音楽のすべて、完全書籍化!アメリカと日本、双方のシーンをカバーした決定版。

目次

第1章 70〜80年代初頭(1973年8月11日、ラップはニューヨークで生まれた
そのとき、日本は? 日本語ラップの起源を求めて
渡辺志保のヒップホップ・スラング辞典1―dis/beef/represent)
第2章 80年代中期〜後期(第二世代がラップを革新する
そのとき、日本は? 模索するオリジネイターたち(ゲスト:いとうせいこう)
渡辺志保のヒップホップ・スラング辞典2―お金にまつわるスラング)
第3章 80年代後期〜90年代(“カンブリア爆発”―ラップ黄金期の到来
そのとき、日本は? 英語のフロウを日本語で再構築するために(ゲスト:Bose、Zeebra)
渡辺志保のヒップホップ・スラング辞典3―「イケてる自慢」のスラング)
第4章 2000年代(サウスの時代―勢力図は描き換えられた
そのとき、日本は? 拡散―渋谷から全国へ(ゲスト:漢a.k.a.GAMI)
渡辺志保のヒップホップ・スラング辞典4―車にまつわるスラング)
第5章 2010年代(ネット・政治・トラップ
そのとき、日本は? ヒップホップの未来へ)

著者紹介

宇多丸 (ウタマル)  
ラッパー/ラジオパーソナリティ。1989年にヒップホップグループ・ライムスターを結成し、日本語ラップの最初期よりシーンを牽引。ラジオパーソナリティ、TVコメンテーター、文筆家としても幅広く活躍しており、MCを務めたTBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(2007〜2018年)にて、2009年に第46回ギャラクシー賞「DJパーソナリティ賞」を受賞。2018年4月からはTBSラジオ「アフター6ジャンクション」でMCを務める。著書多数
高橋 芳朗 (タカハシ ヨシアキ)  
音楽ジャーナリスト。音楽雑誌の編集を経て、フリーの音楽ジャーナリストとして活動。エミネムやカニエ・ウェストなどのオフィシャル取材のほか、マイケル・ジャクソンをはじめ数多くのライナーノーツを手がける。ラジオパーソナリティ、選曲家としても活動
DJ YANATAKE (DJ YANATAKE)  
DJ。レコードショップ・Ciscoのヒップホップ・チーフバイヤーとして“レコードの町・宇田川町”の一時代を築いた後、MTV Japanに選曲家として参加するなどヒップホップシーンの重要な場面を担う。現在は、ヒップホップ専門のインターネットラジオ局・WREPのプロデュースを行うほか、block.fm「INSIDE OUT」のラジオパーソナリティも務めている
渡辺 志保 (ワタナベ シホ)  
音楽ライター。主にヒップホップ関連の文筆や歌詞対訳に携わる。ケンドリック・ラマーの来日インタビューの監修やblock.fm「INSIDE OUT」でラジオパーソナリティを務めるなど多方面で活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)