• 本

「連動」する世界史 19世紀世界の中の日本

シリーズ日本の中の世界史

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-00-028384-7
4-00-028384-7
税込価格 2,640円
頁数・縦 254P 19cm

商品内容

要旨

明治国家はどのようにして作られたのだろうか。軍制や学制、国家と国境の概念、外交と条約の概念、選挙と議会制を含む憲法の理念、ネイションとナショナリズム、植民地分割の論理、植民地支配の方式…諸地域間の関係と相互作用の中で形成される「世界史の傾向」が、日本の諸条件にあわせて土着化してゆく歴史を描き出す。

目次

プロローグ―「連動」する世界史
第1章 変革の時代―世界史の中の幕末・維新(アヘン戦争とヨーロッパの「改革」―緊張はアジアへ
ヨーロッパの「一八四八年革命」とアジア―緊張はヨーロッパへ
クリミア戦争とその裏側のアジア―緊張はクリミアへ
「アジアの大反乱」とその影響―緊張はアジアへ
ヨーロッパにおける「国民国家」形成とその影響―緊張はヨーロッパへ)
第2章 「国民国家」の時代―世界史の中の明治国家(ビスマルクの「平和」とアジアの「一八七五年」―緊張はアジアへ
露土戦争と「ベルリン条約体制」―緊張は中央アジアとアフリカへ
「西アフリカ」から清仏戦争へ―緊張はアジアへ
「アフリカ大反乱」とアジア―緊張はアフリカへ)
第3章 帝国主義の時代―世界史の中の日清・日露戦争(ヨーロッパの「均衡」から日清戦争へ―緊張はアジアへ
南アフリカ戦争から義和団戦争まで―緊張はアフリカから東アジアへ
ドイツの中東進出と英仏協商―緊張は中東へ
日露戦争の世界―緊張は東アジアへ
ドイツの挑戦と英露協商―緊張は中東へ
二つの「併合」―緊張はバルカンへ)
エピローグ―「土着化」する世界史

おすすめコメント

明治国家の形を、諸地域間の関係と相互作用の中で形成される「世界史の傾向」の土着化の過程として描き出す。

著者紹介

南塚 信吾 (ミナミズカ シンゴ)  
1942年生まれ。1970年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。ハンガリー史、国際関係史。現在、NPO歴史文化交流フォーラム付属世界史研究所所長、千葉大学・法政大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)