• 本

視力を下げて体を整える魔法のメガネ屋の秘密

出版社名 集英社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-08-781667-9
4-08-781667-2
税込価格 1,404円
頁数・縦 159P 19cm

商品内容

要旨

四代90年余にわたり、メディアに出ることなく、ただ一心に国内外の顧客8万人以上の「目」を見つめてきた“魔法のメガネ屋”が初めて明かす、人生が変わる“目とメガネの秘密”。

目次

第1章 眼は「大脳の一部」(目が悪くなるメガネ?
見る力とは「視覚」+「視力」のバランス ほか)
第2章 「視力至上主義」が招く憂うつ(メガネ合わせ後進国、コンタクトレンズ大国、日本
戦争を引きずるメガネの歴史 ほか)
第3章 視力を下げる「ゆるメガネ」のススメ(見よう、見ようの欲を捨てましょう
格闘技に学ぶ眼の使い方「観の目強く、見の目弱く」 ほか)
第4章 「ゆるメガネ」で見え方はどう変わる?(若者の「メンタル視力」
美魔女に望ましい「アイジング」 ほか)
第5章 今からでも遅くない「ゆる眼」回復法、食事法いろいろ(「見る」ために「見ないトレーニング」をご紹介します
ゆるゆる「眼ヨガ」のススメ ほか)

おすすめコメント

頭の疲労、体の不調、心の不安……すべてに「目」が関係する可能性が!  “目をゆるめて視力を下げる”独自の検査法で知られる人気店「眼鏡のとよふく」が初めて明かす、目とメガネに秘められた真実とは。   (内容紹介) ●食事、運動、住環境……さまざまな健康法に留意する現代人の「盲点」が、五感から入る全情報の80%を占める「目」にあった! ●目をゆるめ「視力を下げる」ことで、頭痛、肩こり、腰痛、慢性疲労……さまざまな不調をやわらげ、健康と活力を取り戻せる“魔法の検査”とは? ●40歳以上は、1秒でも早くメガネを! 老眼を認め、見ようとしすぎる我欲を捨てて、初めて“自由な目”を手に入れられる。 ●なぜ、アメリカの美容業界セレブはコンタクトレンズを着けないのか? ○ルポマンガ「初公開『眼鏡のとよふく』検査室2時間」 など

出版社・メーカーコメント

頭の疲労、体の不調、心の不安……すべてに「目」が関係する可能性が!“目をゆるめて視力を下げる”独自の検査法で知られる人気店「眼鏡のとよふく」が初めて明かす、目とメガネに秘められた真実とは。(内容紹介)●食事、運動、住環境……さまざまな健康法に留意する現代人の「盲点」が、五感から入る全情報の80%を占める「目」にあった!●目をゆるめ「視力を下げる」ことで、頭痛、肩こり、腰痛、慢性疲労……さまざまな不調をやわらげ、健康と活力を取り戻せる“魔法の検査”とは?●40歳以上は、1秒でも早くメガネを!老眼を認め、見ようとしすぎる我欲を捨てて、初めて“自由な目”を手に入れられる。●なぜ、アメリカの美容業界セレブはコンタクトレンズを着けないのか?○ルポマンガ「初公開『眼鏡のとよふく』検査室2時間」など(著者プロフィール)早川さや香富山県出身。編集ライター・出版プロデュース、「株式会社スタジオポケット」代表。健康・美容系の書籍を多く手がける。著書に『一人前の仕事術』(インデックスコミュニケーションズ)、編著に『未来につなぐわらごはん』(集英社)『なぜか3兄弟全員が東大合格!「勉強しろ」と絶対言わない子育て』(講談社)など。眼鏡のとよふく千葉県佐倉市にある、メガネ専門店。「よく見えればいい」という視力優先のメガネではなく、高度な検査技術をもとに、眼や脳、身体に負担をかけない、視覚を向上させるメガネづくりと、「楽な見方をする」ための生活を総合的に提案している。

著者紹介

早川 さや香 (ハヤカワ サヤカ)  
富山県出身。編集ライター・出版プロデュース、「株式会社スタジオポケット」代表。健康・美容系の書籍を多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)