• 本

未来年表人口減少危機論のウソ

扶桑社新書 286

出版社名 扶桑社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-594-08085-3
4-594-08085-5
税込価格 864円
頁数・縦 223P 18cm

商品内容

要旨

人口減少危機論を煽る黒幕を暴く!

目次

序章 「人口減少危機論=人口増加幸福論」の罪
第1章 人口問題の本質
第2章 移民政策の是非
第3章 年金と社会保障の真実
第4章 誤解だらけの雇用政策批判
第5章 税源で決まる地方分権
終章 人口減少時代に我々がすべきこと

著者紹介

〓橋 洋一 (タカハシ ヨウイチ)  
嘉悦大学教授。1955年(昭和30年)、東京都生まれ。東京大学理学部数学科・東京大学経済学部経済学科を卒業。博士(政策研究)。1980年(昭和55年)に大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣参事官等を歴任した。第一次安倍内閣では経済政策のブレーンとして活躍。「霞が関埋蔵金」の公表や「ふるさと納税」「ねんきん定期便」などの政策を提案。著書に『さらば財務省!』(講談社、第17回山本七平賞受賞)『戦後経済史は嘘ばかり』(PHP研究所)『朝鮮半島 終焉の舞台裏』(扶桑社)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)