• 本

JR大阪環状線沿線の不思議と謎

じっぴコンパクト新書 358

出版社名 実業之日本社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-408-33828-6
4-408-33828-1
税込価格 1,045円
頁数・縦 189P 18cm

商品内容

要旨

大阪市の中心部をグルリと回って走り続ける、全国でも希有な鉄道路線が大阪環状線。東京の山手線と異なり、さまざまな運転系統が乗り入れるために、よそ者にとってはちょっと複雑、そして鉄道ファンにとっては興味津々。実は完成は比較的新しく、全通したのは昭和30年代。複雑な歴史の積み重ねが、路線を、駅を、沿線を、面白くしてくれます。では、一周乗り続けると、運賃はいくら?

目次

特集 大阪環状線 全一九駅完全案内
第1章 大阪都心部をぐるっと一周!環状線の素顔に迫る
第2章 途中下車してみたくなる!環状線・駅のおもしろエピソード
第3章 意外な見どころ大発見!沿線マル秘スポット探索
第4章 沿線文化を深く掘り下げる!環状線沿線・街の履歴書
第5章 知れば知るほど面白い!駅名・地名のミステリー

著者紹介

小林 克己 (コバヤシ カツミ)  
1975年、早稲田大学地理歴史専修卒。海外旅行地理博士。日本旅行記者クラブ個人会員、綜合旅行業務取扱管理者。世界遺産、グルメ、鉄道などをテーマに、取材旅行の延べ日数は海外約6年間、国内約5年間に及ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)