• 本

自殺について

講談社まんが学術文庫 0013

出版社名 講談社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-06-512957-9
4-06-512957-5
税込価格 770円
頁数・縦 190P 15cm

商品内容

要旨

死にたくなったらこれを読め!辛い時はちょっと哲学を。「自殺について」。ショーペンハウアーが残したこの短い論考には、“自殺をしてはいけない”と直接的な言葉はありません。しかし、死について深く考えることで自殺することの愚かさは理解できるのです。時空を超えて旅するショーペンハウアー先生の考えを、美しい女性と道に迷う若者の物語に仕上げました。生涯で読む最後の一冊ではなく、最初の哲学まんがの一冊になるでしょう!

目次

第1章 表象の世界
第2章 苦役船の囚人
第3章 自殺について
第4章 人間の尊厳

著者紹介

ショーペンハウアー,アルツール (ショーペンハウアー,アルツール)   Schopenhauer,Arthur
1788年‐1860年。ドイツの哲学者。実存主義の先駆者であり、生の哲学者。その思想は後の哲学者、文学者などに大きな影響を与えた。仏教思想に通じ、明晰な解析を加えた。『意志と表象としての世界』など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)