• 本

照明家(あかりや)人生 劇団四季から世界へ

出版社名 早川書房
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-15-209810-8
4-15-209810-4
税込価格 2,916円
頁数・縦 335P 20cm

商品内容

要旨

劇団四季の創立に参加し、浅利慶太、蜷川幸雄、市川猿翁らと共に演劇界を革新した稀代の名照明家の回顧録。

目次

第1部 照明家人生(何も考えられなかった一九四五年
演劇の海へ船出した方舟 ほか)
第2部 劇場空間を求めて(劇場の変遷
新国立劇場、誕生前夜)
第3部 光をデザインする(光と演出
対談・街と光―吉井澄雄×朝倉摂)
第4部 随想(金森馨
ジョン・ベリー ほか)

著者紹介

吉井 澄雄 (ヨシイ スミオ)  
1933年、東京生まれ。53年、劇団四季の創立に参加。以来、演劇、オペラ、舞踊と幅広い分野で照明デザインの第一人者として活躍。手がけた舞台の数は優に千五百を超す。浅利契太、蜷川幸雄、市川猿翁といった日本を代表する演出家の作品だけでなく、パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座など海外での仕事も多く手がけている。紫綬褒章、読売演劇大賞芸術栄誉賞、他受賞多数。日本照明家協会名誉会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)