• 本

ジュンケイラ組織学

第5版

Lange Textbookシリーズ

出版社名 丸善出版
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-621-30339-9
4-621-30339-2
税込価格 10,780円
頁数・縦 596P 26cm
シリーズ名 ジュンケイラ組織学

商品内容

要旨

40年以上にわたり、「ジュンケイラ組織学」は、医学生が最初に手にする組織学の教科書として世界的な評価を受けてきました。人体の細胞機能と組織構造を説明する教材として、最先端の内容と写真を備えた本書にかなうものはありません。この第5版(原書14版)では、何百枚ものカラーイラストを駆使し、組織学を理解するための最も包括的で新しいアプローチを提供します。まず細胞質と細胞核に焦点を当て、器官を作る4つの基本組織を扱い、人体の各器官系へと進みます。「ジュンケイラ組織学」は、ほとんどのページにカラーの顕微鏡写真を添えて、人体の組織と器官の完全な図譜を作り上げています。精細な顕微鏡写真では、人体のあらゆる組織と器官の特徴を浮き彫りにし、カラーイラストでは、本文を容易に理解できるよう必要な内容を適切に示しています。

目次

組織学とその研究方法
細胞質
細胞核
上皮組織
結合組織
脂肪組織
軟骨

神経組織と神経系
筋組織〔ほか〕

著者紹介

坂井 建雄 (サカイ タツオ)  
1953年大阪府生まれ。1978年東京大学医学部卒業。1984〜86年ハイデルベルク大学研究員、1986年東京大学医学部助教授を経て、1990年より順天堂大学医学部教授。医学博士。研究領域は、腎・血管系の微細構造と細胞生物学、医学史、人体解剖と献体の啓発に力を注いでいる。日本解剖学会では、編集委員長、用語委員長を歴任。日本医史学会理事長、篤志解剖全国連合会常任幹事などを務める
川上 速人 (カワカミ ハヤト)  
1954年鳥取県生まれ。1976年東京大学理学部動物学科卒業。1981年東京大学大学院理学系研究科修了。1981年杏林大学医学部助手。2000年より杏林大学医学部解剖学教室教授。理学博士、医学博士。研究領域は、複合糖質の組織細胞化学、細胞生物学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)