• 本

生きる意味 人生にとっていちばん大切なこと

出版社名 興陽館
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-87723-232-0
4-87723-232-X
税込価格 1,836円
頁数・縦 329P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

社会、政治、経済、どれをとっても世界が進む方向が見えづらい現代。社会全体でも、各個人にも、さまざまな問題が生じている。ふと立ち止まり、自分は何のために生きているのか、不安に襲われる人もいるのではないか。心理学の大家アドラーが85年前に著した名著が、その答えに至るヒントをくれる。本書は、フロイト、ユングと並び、心理学・精神医学に偉大な足跡を残したアルフレッド・アドラー(1870-1937)が、その円熟期ともいえる1933年に発表した古典的名著。個人心理学(アドラー心理学)を確立したアドラーが、幼児の生育過程で形成される「ライフスタイル」、理想の「共生」を目指す「共同体感覚」といった概念を用いながら、常に「完全」を目標に進化を続ける人間が「生きる意味」、完全とのギャップから必然的に生じる「劣等感」の正体、精神疾患の要因などを、広大な視野をもって論じている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年12月28日]

商品内容

要旨

医師であり心理学者であるアルフレッド・アドラー(1870〜1937年)によって1933年に発表された名著『生きる意味』。2つの意味があるこの言葉を使って、アドラーはその主観的な面と客観的な面を描き出した。甘やかされた子どもたちはどう成長するのか。二つのコンプレックスとはなにか。母親と父親が子どもの成長に影響を与えることとは。なにが精神疾患を引き起こすのか。いちばん大切な「人生の意味」とはなにか。アドラーは、細かく明確な分析を行って「人生の意味」に迫った。

目次

自分と世界をどうとらえればいいのか
人生を読みとる心理学の道具や手法
人生の3つの課題に出会ったとき
肉体と精神はいかに影響しあうのか
体形、行動、性格
劣等コンプレックス
優越コンプレックス
育てにくい子どもたち
甘やかされたひとの架空の世界
そもそも神経症とはなにか
性的倒錯者たち
いったい「自我」とはなにか
母親と父親が子どもの成長に与える影響
白昼夢と睡眠時の夢
「生きる意味」とはなにか

著者紹介

アドラー,アルフレッド (アドラー,アルフレッド)   Adler,Alfred
1870年〜1937年。オーストリア出身の精神科医。心理学者、社会理論家。フロイトおよびユングとともに現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立し、個人心理学を創始した。実践的な心理学は、多くの人々の共感を呼び、アドラーリバイバルともいうべき流行を生んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)