• 本

AI入門講座 人工知能の可能性・限界・脅威を知る

出版社名 東京堂出版
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-490-20996-9
4-490-20996-7
税込価格 1,944円
頁数・縦 301P 20cm

商品内容

要旨

「人間の仕事が奪われる」「AI大国・中国の脅威」「新たな格差社会の誕生」…AI時代を生き抜くための必読書!

目次

AIを味方につけるには、AIを理解する必要がある
AIができること(パタン認識
プロファイリングとフィルタリング)
AIに高度知的活動ができるか?
AIはどのように思考しているのか?
データはAIの栄養源
過学習とそれへの対処
深刻な「中国問題」
AIはいかなる社会を作るか?

著者紹介

野口 悠紀雄 (ノグチ ユキオ)  
1940年、東京に生まれる。1963年、東京大学工学部卒業。1964年、大蔵省入省。1972年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2017年9月より早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問、一橋大学名誉教授。著書に『情報の経済理論』(日経経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(サントリー学芸賞)(以上、東洋経済新報社)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、吉野作造賞)、『ブロックチェーン革命』(日本経済新聞出版社、大川出版賞)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)