• 本

九十九書店の地下には秘密のバーがある

ハルキ文庫 お20−1

出版社名 角川春樹事務所
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-7584-4212-1
4-7584-4212-6
税込価格 670円
頁数・縦 270P 16cm

商品内容

要旨

訳あって入社二年で会社を辞め、自信をなくしていた長原佑。ある日訪れた書店で、謎めいた女性店主から“仕事を探しているなら、今夜この店にもう一度来て”と告げられる。再訪した佑が案内されたのは、書店の地下を改装した秘密のバー。そこで店主のトワコさんから言い渡された、思いがけない“仕事”とは―。夜ごと悩みを抱えた人が訪れる、小さな書店とバーの日々。

著者紹介

岡崎 琢磨 (オカザキ タクマ)  
1986年福岡県生まれ。京都大学法学部卒業。2012年、第10回『このミステリーがすごい!』大賞の“隠し玉”として発表された『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』でデビュー。同書は2013年、第1回京都本大賞に選ばれたほか、シリーズ累計220万部を超える大ベストセラーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)