• 本

向田理髪店

光文社文庫 お36−4

出版社名 光文社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-334-77763-0
4-334-77763-5
税込価格 648円
頁数・縦 295P 16cm

商品内容

要旨

かつては炭鉱で栄えたが、すっかり寂れ、高齢化ばかりが進む北海道苫沢町。理髪店を営む向田康彦は、札幌で働く息子の「会社を辞めて店を継ぐ」という言葉に戸惑うが…。(表題作)異国からやってきた花嫁に町民たちは興味津々だが、新郎はお披露目をしたがらなくて―。(「中国からの花嫁」)過疎の町のさまざまな騒動と人間模様を、温かくユーモラスに描く連作集。

おすすめコメント

普通の人々の身に起こるささやかな事件をペーソス込めて描く連作短編集。

著者紹介

奥田 英朗 (オクダ ヒデオ)  
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て、’97年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で第4回大藪春彦賞を受賞。’04年『空中ブランコ』で第131回直木賞を受賞。’07年『家日和』で第20回柴田錬三郎賞を受賞。’09年『オリンピックの身代金』で第43回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)