• 本

AIが人類を支配する日 人工知能がもたらす8つの未来予想図

出版社名 マキノ出版
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-8376-7288-3
4-8376-7288-4
税込価格 1,540円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

要旨

単純労働がなくなる、忙しさが加速する、専門職もなくなる、ヒトが一番でなくなる、格差が拡大する、永遠に生きねばならない、日本が負け続ける、人類が滅亡する…ロボット工学者が描く未来。

目次

第1章 AIがもたらす8つの恐ろしい未来
第2章 ディープラーニングのどこがすごいのか―AIとロボットと私
第3章 われ思う、しかしわれなし―受動意識仮説とAI
第4章 心のあるロボットの造り方―ヒトとゾンビとAI
第5章 なぜ日本は負け続けているのか―イノベーションとAI
第6章 経営学×幸福学―幸福学とAI
第7章 死ぬとはどういうことか―死とAI
第8章 AIがもたらす8つの明るい未来
終章 全体調和型の社会をめざして―森とAI

著者紹介

前野 隆司 (マエノ タカシ)  
山口県生まれ。東京工業大学理工学研究科機械工学専攻修士課程修了後、キヤノン株式会社でカメラの研究職に従事したのち、慶應義塾大学教授に転ずる。博士(工学)。ロボット工学に関連して、人工知能の問題を追いかける途上で、人間の意識に関する仮説「受動意識仮説」を見出す。ヒューマンインターフェース、ロボット、教育、地域社会、ビジネス、幸福な人生、平和な世界のデザインまで、さまざまなシステムデザイン・マネジメント研究を行っている。現在、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)