• 本

社会変革のためのシステム思考実践ガイド 共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する

出版社名 英治出版
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-86276-242-9
4-86276-242-5
税込価格 2,200円
頁数・縦 378P 21cm

商品内容

要旨

その“解決策”が、実は問題を“悪化”させている?いくら支援しても、ホームレスになる人が増え続ける。厳しく取り締まっても、犯罪はなくならない。よかれと思う行為が逆の結果を生むとき、何が起こっているのか?20年以上の実践から生まれた、複雑な問題の本質に迫るアプローチ。ソーシャルセクターで注目を集める「コレクティブ・インパクト」初の実践書。著者が関わった豊富な事例をもとに、実務的なプロセスをわかりやすく解説。参加者が現実に向き合い、新しい方向性を見出す様子がリアルに描かれる。システム思考の専門家の小田理一郎氏が監訳・解説を執筆。解説では「実践上の10のコツ」を紹介。ソーシャルイノベーションの専門家の井上英之氏による日本語版まえがきでは、コレクティブ・インパクトの潮流とシステム思考との関係を丁寧に説明。

目次

1 社会変革のためのシステム思考(なぜ善意だけでは不十分なのか
システム思考“インサイド”―社会変革の触媒
システムのストーリーを語る ほか)
2 四段階の変革プロセス(四段階の変革プロセス
変革の基盤を築く
今の現実に向き合う―システム図を通じて理解を広げる ほか)
3 未来を共創する(戦略策定のためのシステム思考
評価のためのシステム思考
システム思考家になる)

著者紹介

ストロー,デイヴィッド・ピーター (ストロー,デイヴィッドピーター)   Stroh,David Peter
システム思考をベースに組織や社会課題の解決を支援するコーチ/コンサルタント。ブリッジウェイ・パートナーズ、アプライド・システム・シンキングの共同設立者。ピーター・センゲの「学習する組織」の方法論を用いた組織学習専門のコンサルティングファームであるイノベーション・アソシエイツの設立にも携わる。社会変革プロジェクトに25年以上携わり、世界銀行、ロイヤル・ダッチ・シェル、W・K・ケロッグ財団など、さまざまな非営利組織、営利組織、公的機関と協働した実績をもつ
小田 理一郎 (オダ リイチロウ)  
チェンジ・エージェント代表取締役。オレゴン大学経営学修士(MBA)修了。多国籍企業経営を専攻し、米国企業で10年間、製品責任者・経営企画室長として組織横断での業務改革・組織変革に取り組む。2005年チェンジ・エージェント社を設立、人財・組織開発、CSR経営などのコンサルティングに従事し、システム横断で社会課題を解決するプロセスデザインやファシリテーションを展開する。デニス・メドウズ、ピーター・センゲ、アダム・カヘンら第一人者たちの薫陶を受け、組織学習協会(SoL)ジャパン理事長、グローバルSoL理事などを務め、システム思考、ダイアログ、「学習する組織」などの普及推進を図っている
中小路 佳代子 (ナカコウジ カヨコ)  
津田塾大学学芸学部英文学科卒。ビジネス・経済分野の翻訳から、現在は主に環境分野の翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)