• 本

能格性

出版社名 研究社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-327-40171-9
4-327-40171-4
税込価格 4,968円
頁数・縦 342P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ディクソン教授の代表作『ERGATIVITY』の待望の翻訳がついに完成。21世紀の言語研究の柱の1つ、言語類型論を理解するために格好の概説書。

目次

第1章 入門
第2章 統語法に基づいた標示と意味に基づいた標示
第3章 節内能格性あるいは形態的能格性
第4章 分裂組織のタイプ
第5章 「主語」のカテゴリー
第6章 節際的能格性あるいは統語的能格性
第7章 言語変化
第8章 能格性の理論的根拠
補遺 理論モデルの注解

著者紹介

ディクソン,R.M.W. (ディクソン,R.M.W.)   Dixon,R.M.W.
1939年イギリス生まれ、ロンドン大学にてPhD。前オーストラリア国立大学教授、現在、ジェームズ・クック大学教授。専門はオーストラリア原住民語、言語類型論、一般言語学
柳沢 民雄 (ヤナギサワ タミオ)  
1953年生まれ。名古屋大学名誉教授。専門は北西カフカース語学、バルト・スラヴ語学、言語学
石田 修一 (イシダ シュウイチ)  
1938年生まれ。大阪外国語大学名誉教授。専門はロシア語学、言語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)