• 本

決定版日中戦争

新潮新書 788

出版社名 新潮社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-10-610788-7
4-10-610788-0
税込価格 907円
頁数・縦 287P 18cm

商品内容

要旨

日中戦争は近代日本の対外戦争の中で最も長く、全体の犠牲者の数は日米戦争を凌駕する。なぜ、開戦当初は誰も長期化するとは予想せず、「なんとなく」始まった戦争が、結果的に「ずるずると」日本を泥沼に引き込んでしまったのか。輪郭のはっきりしない「あの戦争」の全体像に、政治、外交、軍事、財政などさまざまな面から多角的に迫る。現代最高の歴史家たちが最新の知見に基づいて記す、日中戦争研究の決定版。最新の知見で描き出す「失敗の本質」。

目次

はじめに 日中歴史共同研究から一〇年
第1部 戦争の発起と展開(日中戦争への道程
日中戦争の発端
上海戦と南京事件
南京/重慶国民政府の抗日戦争)
第2部 戦争の広がり(第二次上海事変と国際メディア
「傀儡」政権とは何か―汪精衛政権を中心に
経済財政面から見た日中戦争)
第3部 戦争の収拾(日中戦争と日米交渉―事変の「解決」とは?
カイロ宣言と戦後構想
終戦と日中戦争の収拾)

著者紹介

波多野 澄雄 (ハタノ スミオ)  
筑波大学名誉教授
戸部 良一 (トベ リョウイチ)  
帝京大学教授
松元 崇 (マツモト タカシ)  
元内閣府事務次官
庄司 潤一郎 (ショウジ ジュンイチロウ)  
防衛研究所研究幹事
川島 真 (カワシマ シン)  
東京大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)