• 本

9条の挑戦 非軍事中立戦略のリアリズム

出版社名 大月書店
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-272-21119-7
4-272-21119-6
税込価格 1,728円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

集団的自衛権はダメでも、個別的自衛権ならよいのか?専守防衛、PKO、自衛隊、日米安保条約…改憲論議をもう一歩深めるための必読書!

目次

第1章 憲法9条の防衛戦略(伊藤真)(軍隊を持つのか持たないのか―安全保障政策を検証する
自衛隊は合憲か違憲か―憲法9条の解釈論を整理する
非軍事中立戦略からみた自衛隊憲法明記の弊害)
第2章 憲法学は何を主張してきたか(神原元)(小林直樹教授の「憲法九条の政策論」(1975年)
深瀬忠一教授らの「総合的平和保障基本法試案」(1987年)
水島朝穂教授の「自衛隊の平和憲法的解編構想」(1997年)
非軍事中立戦略は現代に通用するか
本章のまとめと結論)
第3章 日米同盟と「専守防衛」のひずみ(布施祐仁)(安全保障の「リアリズム」と「理想」
憲法9条の「原点」
ゆがめられた「専守防衛」
米軍依存と「見捨てられる恐怖」
周辺国の「脅威」にどう向き合うか
日本の安全保障政策はどうあるべきか
自衛隊員に対する責任)
第4章 等身大の安全保障論(伊藤真・神原元・布施祐仁)(9条をさかのぼる
安全保障とは何なのか
9条改憲で何が変わるのか)

おすすめコメント

世界6位の海岸線、人口減少、グローバルな経済活動、膨らむ赤字国債――日本の現実を直視し、軍事によらない防衛戦略を構想する。

著者紹介

伊藤 真 (イトウ マコト)  
1958年生まれ。弁護士、伊藤塾塾長、日弁連憲法問題対策本部副本部長
神原 元 (カンバラ ハジメ)  
1967年神奈川県生まれ。弁護士。自由法曹団常任幹事
布施 祐仁 (フセ ユウジン)  
1976年生まれ。ジャーナリスト、「平和新聞」編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)