• 本

《受胎告知》絵画でみるマリア信仰

PHP新書 1165

出版社名 PHP研究所
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-569-82712-4
4-569-82712-8
税込価格 1,012円
頁数・縦 189P 18cm

商品内容

要旨

聖母マリアが身籠ったことを知らされる一瞬の出来事を描いた“受胎告知”は、近現代に至るまで1500年以上ものあいだ、多くの画家たちが手掛けてきた、人々を魅了するテーマだ。時代によって、また画家によっても全く異なり、イエスも描かれていないのに、なぜ人気だったのか―。歴史だけでなく、図像学的なモチーフやその変遷、さらに、名高い画家たちの名作の秘密や背景も解説。西洋絵画屈指の名場面の魅力を明らかにする。

目次

序章 キリスト教と西洋美術の関係
第1章 “受胎告知”とは?
第2章 なぜマリア信仰が盛んだったのか
第3章 ルネサンスの写実的な表現と細密描写
第4章 マニエリスム―特異な表現様式と宗教戦争
第5章 バロック―そして近現代における“受胎告知”

おすすめコメント

西洋美術を知りたければ、聖書の知識は必須。もっとも愛されてきたテーマ≪受胎告知≫を西洋美術史第一人者の著者が集中講義!

著者紹介

高階 秀爾 (タカシナ シュウジ)  
1932年東京都生まれ。美術評論家・美術史家、大原美術館館長、東京大学名誉教授、パリ第一大学名誉博士。東京大学教養学部教養学科卒、同大学大学院人文科学研究科美術史専攻満期退学。国立西洋美術館主任研究官、東京大学文学部助教授、同大学教授、同大学名誉教授に就任。国立西洋美術館館長、京都造形芸術大学大学院長を経て、現在に至る。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)